腰痛にマッサージは厳禁?!②

前回の続き。

 

なぜ普段の生活をしていて腰が痛くなることがあるのか。

それは、支えとなる筋肉が弱くなっているから!(他にも原因はありますが、ここでは一つ筋肉に着目)

 

腰椎(関節や椎間板なども含む)と筋肉で支えられていると聞いて

 

「じゃあ、腰椎を鍛えよう!!!」という方はなかなかいないのではないでしょうか?

 

「まずは筋肉を鍛えよう!」という考えですよね?

それでいいんです!

腰回りを支える筋肉が弱くなったから鍛える。

 

単純だけど見落としがち。

ここでざっくりとしたメカニズムを一つ

筋力低下

➡️

姿勢が悪くなる

➡️

腰を支えている筋肉が硬くなる

➡️

痛みが出る

この構造の場合

硬くなった筋肉をほぐすためにマッサージに行く

では②にアプローチしており、根本原因の「筋力低下」が治っていないために、再度腰が痛くなる確率がとっても高いです!

 

そもそもなぜ筋力が低下するのか。

それは、運動量の減少です。

 

 

いつもと同じ行動をしていても、人間、楽したくなる生き物なのです。

学生時代は部活動や通学、友達と運動するなど運動機会は多かったのですが、働き始めるとなかなか時間を作れませんね。

 

厚生労働省による運動習慣者の定義は「週2回以上、1回30分以上、1年以上運動をしている者」となっています。

どうでしょう?

運動していますか?

 

「ギクッ!」となった方は、マッサージもいいけれど、まずは運動習慣を身につけてみましょう!!

 

よく言われる「1駅手前で降りて歩いてみる」ということも大切です。

が、都心以外では1駅手前で降りると1時間以上歩かないと家に帰れない!!という方も多いのでは?

 

軽井沢に引っ越してきて、痛感しております。

軽井沢ー中軽井沢駅間を歩くと、1時間以上です。。

 

そんな時は、仕事の休み時間に少し外を歩くとか、家に帰ってゴロゴロテレビを見ている時間を、テレビ見ながらスクワットするとか、ながらプチ運動の習慣をつけてみましょう!

 

腰痛にはマッサージ!

もいいけど運動がいいですよ♪(もちろん安静が必要な腰痛もあるので、痛みや症状の程度によっては受診しましょう!)

 

 

ピラティスは自分で自分の体をコントロールしながらトレーニングできます♪

運動習慣にピラティスを取り入れてみてはいかがでしょう? 🙂

 

「レッスンを受ける」ボタンより、予約できます♪

 

ご質問はメールにて承ります。

keiko@physiofitpilates.net

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です