筋トレ初心者がやりがちな「間違った腹筋」!!!

最近、魅せる腹筋を作ることに夢中です。

家でも運動グッズはたくさんあるので、ピラティス・筋トレ・ストレッチなどできるのですが、ジムに行くと俄然やる気が出るのでたまーにジムへ。

そこで、会う方とお話をして、「ピラティスインストラクターです」というと興味をもってくださる方が多くいらっしゃいます。

ジムに来ているからこそ、自分の体をトレーニングしたりパフォーマンスアップを図っている人が多いですね。

ある日Aさん(仮名)とお話をしていたとき

A「私も最近腹筋頑張ってるのよ!見て!」

とその場で腹筋のやり方を見せてくれたのですが、これがビックリ!!!

クランチでの腹筋だったのです!

クランチってわかります?

今や、腰を壊すからやらない人が増えている腹筋方法です。

そう、これ。

見るからに悪いですよね。腰とか、腰とか。

そこでよくありがちな間違い腹筋を挙げてみます!

これでトレーニング中の怪我の予防につながったら嬉しいです :)

 

その前に。。。

⭐︎腹筋の基礎知識⭐︎

腹筋、、、それは奥深き、幅広き筋肉。。。

というのも、腹筋と一口に言っても、1つじゃないんです!

まずは腹直筋。

写真右側

Pilates -Rael Isacowitz より引用

これはロナウドが最も魅せるのを得意とする筋肉ですね。

続いて、腹斜筋。

写真右側 外腹斜筋  写真左側 内腹斜筋

Pilates -Rael Isacowitz より引用

肋骨か?腹斜筋か?というくらいバリバリについている方もいますが、いわゆるくびれのところにある筋肉です。

 

最後に、腹横筋。

写真左側

Pilates -Rael Isacowitz より引用

筋肉のコルセットとも言われる筋肉ですね。

(私がピラティスレッスンの時に口すっぱく言ってます)

 

腹筋について学んだ上で、間違い腹筋!!

1、クランチ

腹直筋という一番表層の筋肉しか鍛えられません。

腹筋をこれから頑張るぞー!!という方は、まず深層筋を鍛えましょう!

 

2、足をひっかけてのクランチ

これもよくある間違いです。。

足を引っ掛けてクランチすると、足の付け根の筋肉が鍛えられますが、腹筋の深いところは鍛えられません。

 

では、何が正しいのか?

正しい腹筋とは?!

 

次回お伝えします!

 

※腹筋バキバキ部、作りましたー♪

https://physiofitpilates.net/grouporindividual/payment/?fbclid=IwAR2AuOSefoFKuECuptFItvskxyUBES5ZwIe8h2Ga1Z9Mfy8IY3tdns3BPi4

動画も徐々に挙げていきます *

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です